Google Assistantが日本語対応したので、Google Homeがどうなるか予想してみた

2017年5月中旬に開催されたGoogle I/O 2017にて、本年中には日本でもGoogle Homeが発売されることが発表されました。また今週、アンドロイド携帯で日本語版Google Assistantがリリースされ、日本語での利用が可能になりました。Google Homeのデバイス自体で日本語を試すことはできませんが、日本語版Google Assistantをいじりながら、日本市場にお目見えする日本語対応Google Homeの機能を予想してみます。 メディア視聴 音楽 まずは、スマホにダウンロードしたGoogle Homeアプリで音楽サービスの選択をします。スマホの言語設定が日本語の場合は、No defaultしかでてこず、選択できませんが、スマホの言語設定を英語にすれば下記の音楽サービスの選択が可能になります。 Google Play Music:日本のGoogle Play Musicのアカウントでも設定することが現時点で可能です。日本語版Google Assistantからスマホでの再生ができています。 Spotify:プレミアムアカウントが必要。日本でも同様な設定になるかと想像しています。 Pandora:フリーのラジオサービスですが、米国のみのサービスなので、日本では使えなさそうです。 YouTube Music:YouTube Redの有償サービス利用者のみがリンクできますが、日本では使えなさそうです。 英語版Google Homeでは曲名、アーティスト名、アルバムを指定してプレイすることが可能です。クラシック等のジャンルを選んだり、ハッピーな音楽とかエクササイズ用の音楽といった指定もできるようです。日本語版Google Assistantで試したところ、ゲスの極み乙女等の日本人アーティストは指定できるのですが、ジャスティンビーバーやアリアナグランデ等の外人アーティストは指定できませんでした。何故か演奏停止もGoogle Assistantではできず、アプリに遷移して停止しないといけませんでした。このあたりは、近日中に改善されるのではないかと期待しています。 音楽はスマートスピーカーで一番の肝ですが、Amazon EchoとGoogle Homeで音楽サービスを比較してみますと、Amazon Primeに付属するAmazon Prime Music(年間3900円、100万曲以上)とGoogle Play Music (月額980円、3500万曲以上)が比較するファクターのほとんどを占めることになります。コスト重視ならばAmazon、曲数重視ならばGoogleに軍配があがりそうですね。 ニュース Google Assistantの設定画面より既にGoogle Homeにサービスを提供しているニュースメディアを選択します。ニュースのジャンルは一般、テクノロジー、ビジネス、スポーツ、国際、エンタメ、政治、科学、ヘルス、アート/ライフスタイル等に別れており、80以上のメディアがラインアップされています。米国ではポッドキャストがサービスとしてかなり普及しているので、各メディアもネットでの音声配信への対応もスムースに進んでいるのですが、日本ではポッドキャストはサービスとして人気が出なかった為、日本のメディアが音声配信に対応する環境が十分醸成されていないことが懸念されます。その為、米国のラインアップには劣りそうですが、日本のテレビ、新聞、インターネットメディアも日本でのGoogle Home発売時にはいくつかラインアップされるとは思われます。 ラジオ 米国ではPandraが9000万ドルを支払う等、様々な訴訟、交渉を経て音楽のネット配信での権利処理の手法が確立され多くのインターネットラジオ局がサービスを提供できています。海外の権利処理の概要については英語のブログではありますがDo I Need a License for Internet Radio?でうまくまとめられておりますのでご参照ください。そのような環境でも、数ヶ月前までGoogle Homeでは多くのラジオ局が利用できない状況だったようです。iHeartRadioがGoogle HomeにリンクしたことによりiHeartRadioがカバーするラジオ局が聴けるようになり、サービスが一気に改善したようです。一方日本では著作権と著作権隣接権の問題が簡単に処理できる仕組みがシステムとして確立できていない為、インターネットラジオ局もRadiko等の一部のプレイヤーに集約されている状況です。詳細は日経トレンディネットの「日本でネットラジオが育たないワケ」をご参照ください。全くの私見ではありますが、日本でのサービス開始時にはRadikoのみのサポートになるのではと予想しています。 TVとスピーカーをコントロール Google … Continue reading Google Assistantが日本語対応したので、Google Homeがどうなるか予想してみた

技適通ってなくても Google Home を使ってみる Raspberry Pi 編

Google Home の中の人 Google Assistant が SDK としてリリースされて、Alexa のように自分の製品の中に組み込むことができるようになりました。ということは、Alexa の同様Google Homeを持ってなくても「おっけーぐーぐる!」ができるかも。 ということで、Google Assistant SDK のサンプルを Raspberry Pi にインストールしてみました。 Google Developer アカウント Google Assistant API を使うためには Google Developer アカウントが必要です。サインアップはGoogle Developer Consoleから。 Google Assistant API の有効化 プロジェクトページへ行き、新規にプロジェクト作成。 API Manager で Google Assistant API を有効に。一覧に見当たらない場合は、検索でAssistant と入れると出てきます。 Google Assistant API には Quota があるようなので、他の API 同様、有償なんですね。一日500リクエストまでは無償の割当があります。 Credentials の作成 Credentials から新規に … Continue reading 技適通ってなくても Google Home を使ってみる Raspberry Pi 編