LINEのスマートスピーカーWAVEの内容が明らかに

本日のLINE CONFERENCE 2017でLINEのスマートスピーカーWAVEの内容が明らかになりました。LINEはポストスマートフォンは、AIの時代の到来と宣言し、Cloud AI Platform = Clova (Cloud Virtual Assistant)の展開を進めるとのこと。 ではWAVEでは何ができるのでしょうか?

Google Assistantが日本語対応したので、Google Homeがどうなるか予想してみた

2017年5月中旬に開催されたGoogle I/O 2017にて、本年中には日本でもGoogle Homeが発売されることが発表されました。また今週、アンドロイド携帯で日本語版Google Assistantがリリースされ、日本語での利用が可能になりました。Google Homeのデバイス自体で日本語を試すことはできませんが、日本語版Google Assistantをいじりながら、日本市場にお目見えする日本語対応Google Homeの機能を予想してみます。

技適通ってなくても Google Home を使ってみる Raspberry Pi 編

Google Home の中の人 Google Assistant が SDK としてリリースされて、Alexa のように自分の製品の中に組み込むことができるようになりました。ということは、Alexa の同様Google Homeを持ってなくても「おっけーぐーぐる!」ができるかも。

Alexa Skill全20カテゴリーから、気になるSkillをピックアップ!(その4)

SPARROWSのQzです。シリーズ最終回は一気にMovies & TV、Utilities、Travel & Transportation、Sports、Social、Smart Home、Productivity、Shopping、Music & Audio、Lifestyle、Health & Fitness、Localのカテゴリーを解説させていただきます。

AlexaのSkill関係の用語の整理

Alexaのスキルの作成をし始めると、Invocation Name、Intent、Utterance、Slotなどの初めて見るような新しい用語が出てきます。それらの用語の関係性がわからないとスキルの設計をするのも一苦労だと思うので整理してみます。 スキルで使われる用語の関係性や構造を考えるとき、『どのスキルに』『何を』頼むのか、というような視点で構造を理解するとわかりやすいです。