LINEのスマートスピーカーWAVEの内容が明らかに

本日のLINE CONFERENCE 2017でLINEのスマートスピーカーWAVEの内容が明らかになりました。LINEはポストスマートフォンは、AIの時代の到来と宣言し、Cloud AI Platform = Clova (Cloud Virtual Assistant)の展開を進めるとのこと。 ではWAVEでは何ができるのでしょうか? 機能とスペック 天気予報、ナビゲーション、LINE Newsの読み上げ、メッセージの送信、音楽再生等のスマートスピーカーの基本機能はしっかりおさえていますね。特に音楽再生に拘り、4千万曲から曲名、アーティスト名、ジャンル、気分によって選曲が可能で、ハードに関して2.5inch 20watt ウーファーを1機、1inch 5watt ツィーターを2機搭載しています。筐体は1kgを切り、高さも21cm弱と片手で持てるシンプルなデザイン。Amazon EchoやGoogle Homeと違うスペックで面白いのが家電との連携に赤外線コントローラーを備えているところです。世界2,000社以上のメーカーのリモコンに対応することが可能で、WAVEに音声で指示を出すことでTVのオンオフもできるようになるとのこと。日本では家電のWiFiによるスマート連携が進んでおらず、連携に赤外線も使えるというのは大きなアドバンテージになるかもしれません。 WAVEの価格と発売時期 そして気になる日本での価格は15,000円(税別)で秋の発売予定とのこと。これではGoogle Homeに先を越されてしまうのではないか?と思っていたら、音楽再生等に機能が一部制限された先行体験版を10,000円(税別)で今夏限定販売するようです。この先行体験版は正式版が販売された際には、アップデートされ機能制限が解除されます。またLINEの可愛いキャラクターデザインのスピーカーCHAMPも冬に発売されることが発表されました。 スマートスピーカーの日本市場一番乗りはどこになるのか目が離せません! Google Assistantが日本語対応したので、Google Homeがどうなるか予想してみた