SportsPro OTT に参加して – #1 SportsPro OTTとは

SportsPro OTTとは、スポーツのデジタル動画配信に関わる事業者向けに特化したイベントで、世界中から600名の参加者を集めるまでに成長したイベントです。今年はマドリッドで11月28日と29日の2日間にわたって開催され、期間中に開かれるセッション数はのべ32セッションに上ります。

IMG_2499.JPG

会場は大入り

マドリッドには、2008年の北京オリンピックを皮切りにオリンピック・パラリンピックの映像と音声の制作とテレビ・ラジオ局への配給を一手に担ってきたOlympic Broadcasting Services (OBS)があり、スポーツのデジタル配信にとって切っても切れない関係にあります。

SportsPro OTT のスピーカーの顔ぶれはなかなか豪華なものとなっており、以下のような会社のCxOや部門長の方々が直々にデジタルへの取り組みについて講演しています。

■ライツホルダー側
IOCF1PGAATPUEFALaLigaWWENBAなど

■配信事業者側
Olympic ChannelSkyBTCANAL+ComcastNBC SportsDiscoveryEUROVISIONHuawei Technologiesなど

■テクノロジーベンダー
deltatreBrightcoveDotsubNAGRAFriend MTSContentArmorSciSportsなど

一流のブランドを持つ企業をスピーカーに迎えていることもあり、参加者の側もスーツを普段着るような方々が多く見受けられました。

IMG_6846.JPG

ネットワーキング会場の様子

 


セッションのトップバッターを務めたのはゴルフでおなじみのPGA。PGAはDiscoveryとともに2019年1月にゴルフ専門のデジタルメディアGOLFTVを立ち上げると発表したばかりです。

_DSC5126.jpg

PGA TOURのChief Media OfficerのRick Anderson氏(左)と GOLFTVのPresident and General ManagerのAlex Kaplan,氏

 

なぜ立ち上げるのかというと、ゴルフは全世界的に知名度があり、かつ、興味を持っている層が一定数いるから。そのような既存のゴルフファンに向けて、ツアーのライブ配信・アーカイブ配信だけでなく、ラウンドが終わった後の独占解説であったりツアーの裏話など、テレビ放送では提供されないようなコンテンツを充実させるそうです。
また、タイガーウッズともパートナー契約を結んでいるそうで、彼がスコアを上げるために行ってきた練習方法を公開するなど、コルフという切り口で深掘りしたコンテンツを多数取りそろえるのはゴルフ専門メディアならではです。

GOLFTVは全世界的に展開するメディアであるため、ただコンテンツを充実させるだけではなく、国ごとの違いについても考慮しているとのこと。これは、ただ単に現地の言語で提供するという意味合いだけではなく、どの選手が有名なのか、どういうコンテンツが好まれているのか、どういう契約・支払方法がよいのか、ということも含まれます。

従来までは地上波や衛星放送の事業者に対してトーナメントなどの映像素材を卸してきたPGAにとっては、ゴルフファンと直接交流するB2Cメディアの立ち上げと運用は彼らにとってチャレンジングなことです。
ユーザーの視聴行動を追いやすいというデジタルならではの特性を生かして、どのようなコンテンツをどのようなタイミングでどのようなユーザー層に対して提供したら喜んでもらえるのかということも一からノウハウを貯めていかないとね、とライツホルダー自ら仰っていたのが印象的でした。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s