SportsPro OTT に参加して – #2 スポーツのデジタル配信はなぜ海賊行為で狙われるのか

スポーツ動画配信事業者向けカンファレンスでも注目される海賊行為対策 前回のポストではマドリッドで2日間にわたって開かれたSports Pro OTT SUMMIT 2018というスポーツのデジタル動画配信に関わる事業者向けのカンファレンスの概要を紹介しました。 カンファレンスの全32セッションのうち4セッションが海賊行為対策のセッションとなっており、どの事業者も海賊行為には頭を悩まされているようでした。 スポーツファンとデジタル配信の相性の良さ ここ10年ほどで一般的になってきたインターネットを通じたデジタル配信はスポーツファンととても相性が良いというのは疑いないでしょう。 スポーツの映像配信を考えたとき、従来型のテレビでの映像配信では電波という同時利用に限りのある資源を利用し同じ素材を同時に多数の人々に届けているという仕組み上、サッカーやフィギュアスケートなど人気のあるスポーツを配信する・決勝戦だけ配信するといった最大公約数的な配信にならざるを得ません。 それに対し、インターネットを通じたデジタル型の配信では電波という制約がなくなるため、配信用のデジタル素材さえ用意出来ていればライブ・VOD共にユーザーの好みに応じて制限なく配信していくことができます。例えば、『このチームの試合は初戦から決勝まで全て見たい』『この選手が出ている試合は全て見たい』という要望にも応えていくことができます。 実際、オリンピックのデジタル配信を見てみると、2014年ソチ冬季五輪ではデジタル配信用に収録された素材がのべ60,000時間となり、テレビ用の素材42,000時間を初めて超えました。また、2016年のリオ夏季五輪ではデジタル配信用素材が合計218,000時間となり、2012年のロンドン夏季五輪の81,500時間から2.5倍以上の伸びをみせています。 (出典: https://en.wikipedia.org/wiki/Olympic_Broadcasting_Services) スポーツのデジタル配信と海賊行為 さて、スポーツとデジタル配信は相性が良いわけですが、デジタル配信には海賊行為がつきまといます。 そもそも、なぜヒトは海賊行為を行ってしまうのでしょうか。 視聴者側の動機は割と明白で、『そこに見たいコンテンツがあるから』『(家計からメディアに対して支出できる金額に限りもあるし)お金を払いたくないから』といった所でしょう。 対して、海賊行為事業者側がなぜ海賊行為を働くかというと、儲かるからです。 次のグラフはイギリスのメディア企業Skyが加入者から得ている収入(緑線)と、イギリスのサッカーリーグPremier Leagueの放送権を得るのに支払っているコスト(青線)を比較したものです。 見ての通り、どの年度でも少なくとも収入の62%以上をPremier Leagueの放映権に充てており、競合企業BTと放映権の落札争いをした2016・2017年は実に83%が放映権に充てられています。 海賊行為事業者は、当然これらの放映権利料を支払わずに優良コンテンツを配信していることになるため、かなり効率よく収益を上げることができてしまいます。 スポーツ放送への海賊行為の変遷 インターネット経由での有料動画配信が一般的でなかった時代、有料のスポーツ放送は主に衛星放送やケーブルテレビを使って行われてきました。 そのような時代の海賊行為と言えば、CASカードの偽造です。 CASカードには、加入者を識別し、暗号化された放送データを正規の加入者に対してだけ復号して視聴可能にするという機能があります。不正B-CASカードは、これらの加入者情報や契約情報を偽装するなどして、有料放送を不正に視聴させる機能を有しています。       インターネット経由での動画配信が一般的になった昨今では、スポーツ放送の海賊行為のされ方も変わってきています。 一番お手軽に行われがちな海賊行為は、試合会場に居る観客がスマホアプリを使って勝手に動画配信するというものです。現在では個人でも手軽にライブ配信を行える場所としてFacebook Live、Instagram、Twitter Periscope、YouTube Liveなどがあり、アプリさえインストールしてしまえばすぐに配信が行える環境が整っています。また、これらのサイトはソーシャルメディアと密接に繋がっているため海賊配信コンテンツへの集客をして広告収入を得るということが比較的容易に行えるという特徴もあります。 もう少し手が込んだ海賊行為としては、テレビに映った映像をビデオカメラで撮影してそれを海賊放送するという方法もあります。家庭のテレビでもHD画質が一般的になり、かつ、ビデオカメラも高性能化した今では現実的な脅威となっています。 テレビ画面の撮影よりも高画質に海賊行為を行う例としては、PC上に映っている映像・音声をそのままスクリーンキャプチャーして海賊放送するという方法があります。スクリーンキャプチャーソフト自体は違法ではなく、ゲーム実況などにも使われているOpen Broadcaster Software (OBS)などが海賊放送に使われていることがあります。デジタルで描画されているデータをそのままキャプチャーするという性質上、元の映像データと比べても海賊放送データの劣化は限りなく少なくなります。 デジタル時代の海賊行為に対抗する方法 さて、このようなデジタル時代への海賊行為にはどのような対抗手段があるのでしょうか。一般的には次の2つの対抗手段が利用されています。 DRMを使う DRMはDigital Rights Managementの略で、CASカードが担ってきた『正規の契約者に対してだけコンテンツの視聴を可能にする』という機能と同様の機能を担っています。DRMはデジタルデータ自体を暗号化し、それを復号するための鍵を復号ポリシーに従って運用することでコンテンツ保護する機能を提供しています。 復号ポリシーには、「復号はxxxx年xx月まで可能」「復号処理専用のハードウェアが搭載されているときだけ復号可能」「復号処理をする端末には(プロテクションを適用するのが難しい)アナログディスプレイが接続されていないこと」といったようなポリシーを設定することができ、それらのポリシーに合致しない状態ではコンテンツの復号が行えません。 また、利用するDRMによっては、スクリーンキャプチャーソフトの使用を検知したら映像出力を止めるといった機能を持っているものもあります。   ウォーターマークを映像信号に乗せる DRM以外の手段として、ウォーターマークも重要な役割を担っています。 以下の図はスポーツ選手の映像の上に模様状のウォーターマークを載せたものです(意図的に濃く載せています)。模様は有料放送加入者のID毎に一意となっていて、仮に海賊行為による映像流出が確認できた場合、『誰が流出させたのか』『どれぐらいの規模で流出しているのか』ということが模様から特定できます。この2点が明確になっていることで司法機関も動きやすくなり、プロバイダーやCDNに海賊事業者の情報開示を行わせるといった手段を取ることができるようになります。 次のポストではウォーターマークの挿入方法をご紹介します。

SportsPro OTT に参加して – #1 SportsPro OTTとは

SportsPro OTTとは、スポーツのデジタル動画配信に関わる事業者向けに特化したイベントで、世界中から600名の参加者を集めるまでに成長したイベントです。今年はマドリッドで11月28日と29日の2日間にわたって開催され、期間中に開かれるセッション数はのべ32セッションに上ります。 マドリッドには、2008年の北京オリンピックを皮切りにオリンピック・パラリンピックの映像と音声の制作とテレビ・ラジオ局への配給を一手に担ってきたOlympic Broadcasting Services (OBS)があり、スポーツのデジタル配信にとって切っても切れない関係にあります。 SportsPro OTT のスピーカーの顔ぶれはなかなか豪華なものとなっており、以下のような会社のCxOや部門長の方々が直々にデジタルへの取り組みについて講演しています。 ■ライツホルダー側 IOC、F1、PGA、ATP、UEFA、LaLiga、WWE、NBAなど ■配信事業者側 Olympic Channel、Sky、BT、CANAL+、Comcast、NBC Sports、Discovery、EUROVISION、Huawei Technologiesなど ■テクノロジーベンダー deltatre、Brightcove、Dotsub、NAGRA、Friend MTS、ContentArmor、SciSportsなど 一流のブランドを持つ企業をスピーカーに迎えていることもあり、参加者の側もスーツを普段着るような方々が多く見受けられました。   セッションのトップバッターを務めたのはゴルフでおなじみのPGA。PGAはDiscoveryとともに2019年1月にゴルフ専門のデジタルメディアGOLFTVを立ち上げると発表したばかりです。   なぜ立ち上げるのかというと、ゴルフは全世界的に知名度があり、かつ、興味を持っている層が一定数いるから。そのような既存のゴルフファンに向けて、ツアーのライブ配信・アーカイブ配信だけでなく、ラウンドが終わった後の独占解説であったりツアーの裏話など、テレビ放送では提供されないようなコンテンツを充実させるそうです。 また、タイガーウッズともパートナー契約を結んでいるそうで、彼がスコアを上げるために行ってきた練習方法を公開するなど、コルフという切り口で深掘りしたコンテンツを多数取りそろえるのはゴルフ専門メディアならではです。 GOLFTVは全世界的に展開するメディアであるため、ただコンテンツを充実させるだけではなく、国ごとの違いについても考慮しているとのこと。これは、ただ単に現地の言語で提供するという意味合いだけではなく、どの選手が有名なのか、どういうコンテンツが好まれているのか、どういう契約・支払方法がよいのか、ということも含まれます。 従来までは地上波や衛星放送の事業者に対してトーナメントなどの映像素材を卸してきたPGAにとっては、ゴルフファンと直接交流するB2Cメディアの立ち上げと運用は彼らにとってチャレンジングなことです。 ユーザーの視聴行動を追いやすいというデジタルならではの特性を生かして、どのようなコンテンツをどのようなタイミングでどのようなユーザー層に対して提供したら喜んでもらえるのかということも一からノウハウを貯めていかないとね、とライツホルダー自ら仰っていたのが印象的でした。

LINEのスマートスピーカーWAVEの内容が明らかに

本日のLINE CONFERENCE 2017でLINEのスマートスピーカーWAVEの内容が明らかになりました。LINEはポストスマートフォンは、AIの時代の到来と宣言し、Cloud AI Platform = Clova (Cloud Virtual Assistant)の展開を進めるとのこと。 ではWAVEでは何ができるのでしょうか? 機能とスペック 天気予報、ナビゲーション、LINE Newsの読み上げ、メッセージの送信、音楽再生等のスマートスピーカーの基本機能はしっかりおさえていますね。特に音楽再生に拘り、4千万曲から曲名、アーティスト名、ジャンル、気分によって選曲が可能で、ハードに関して2.5inch 20watt ウーファーを1機、1inch 5watt ツィーターを2機搭載しています。筐体は1kgを切り、高さも21cm弱と片手で持てるシンプルなデザイン。Amazon EchoやGoogle Homeと違うスペックで面白いのが家電との連携に赤外線コントローラーを備えているところです。世界2,000社以上のメーカーのリモコンに対応することが可能で、WAVEに音声で指示を出すことでTVのオンオフもできるようになるとのこと。日本では家電のWiFiによるスマート連携が進んでおらず、連携に赤外線も使えるというのは大きなアドバンテージになるかもしれません。 WAVEの価格と発売時期 そして気になる日本での価格は15,000円(税別)で秋の発売予定とのこと。これではGoogle Homeに先を越されてしまうのではないか?と思っていたら、音楽再生等に機能が一部制限された先行体験版を10,000円(税別)で今夏限定販売するようです。この先行体験版は正式版が販売された際には、アップデートされ機能制限が解除されます。またLINEの可愛いキャラクターデザインのスピーカーCHAMPも冬に発売されることが発表されました。 スマートスピーカーの日本市場一番乗りはどこになるのか目が離せません! Google Assistantが日本語対応したので、Google Homeがどうなるか予想してみた  

Google Assistantが日本語対応したので、Google Homeがどうなるか予想してみた

2017年5月中旬に開催されたGoogle I/O 2017にて、本年中には日本でもGoogle Homeが発売されることが発表されました。また今週、アンドロイド携帯で日本語版Google Assistantがリリースされ、日本語での利用が可能になりました。Google Homeのデバイス自体で日本語を試すことはできませんが、日本語版Google Assistantをいじりながら、日本市場にお目見えする日本語対応Google Homeの機能を予想してみます。 メディア視聴 音楽 まずは、スマホにダウンロードしたGoogle Homeアプリで音楽サービスの選択をします。スマホの言語設定が日本語の場合は、No defaultしかでてこず、選択できませんが、スマホの言語設定を英語にすれば下記の音楽サービスの選択が可能になります。 Google Play Music:日本のGoogle Play Musicのアカウントでも設定することが現時点で可能です。日本語版Google Assistantからスマホでの再生ができています。 Spotify:プレミアムアカウントが必要。日本でも同様な設定になるかと想像しています。 Pandora:フリーのラジオサービスですが、米国のみのサービスなので、日本では使えなさそうです。 YouTube Music:YouTube Redの有償サービス利用者のみがリンクできますが、日本では使えなさそうです。 英語版Google Homeでは曲名、アーティスト名、アルバムを指定してプレイすることが可能です。クラシック等のジャンルを選んだり、ハッピーな音楽とかエクササイズ用の音楽といった指定もできるようです。日本語版Google Assistantで試したところ、ゲスの極み乙女等の日本人アーティストは指定できるのですが、ジャスティンビーバーやアリアナグランデ等の外人アーティストは指定できませんでした。何故か演奏停止もGoogle Assistantではできず、アプリに遷移して停止しないといけませんでした。このあたりは、近日中に改善されるのではないかと期待しています。 音楽はスマートスピーカーで一番の肝ですが、Amazon EchoとGoogle Homeで音楽サービスを比較してみますと、Amazon Primeに付属するAmazon Prime Music(年間3900円、100万曲以上)とGoogle Play Music (月額980円、3500万曲以上)が比較するファクターのほとんどを占めることになります。コスト重視ならばAmazon、曲数重視ならばGoogleに軍配があがりそうですね。 ニュース Google Assistantの設定画面より既にGoogle Homeにサービスを提供しているニュースメディアを選択します。ニュースのジャンルは一般、テクノロジー、ビジネス、スポーツ、国際、エンタメ、政治、科学、ヘルス、アート/ライフスタイル等に別れており、80以上のメディアがラインアップされています。米国ではポッドキャストがサービスとしてかなり普及しているので、各メディアもネットでの音声配信への対応もスムースに進んでいるのですが、日本ではポッドキャストはサービスとして人気が出なかった為、日本のメディアが音声配信に対応する環境が十分醸成されていないことが懸念されます。その為、米国のラインアップには劣りそうですが、日本のテレビ、新聞、インターネットメディアも日本でのGoogle Home発売時にはいくつかラインアップされるとは思われます。 ラジオ 米国ではPandraが9000万ドルを支払う等、様々な訴訟、交渉を経て音楽のネット配信での権利処理の手法が確立され多くのインターネットラジオ局がサービスを提供できています。海外の権利処理の概要については英語のブログではありますがDo I Need a License for Internet Radio?でうまくまとめられておりますのでご参照ください。そのような環境でも、数ヶ月前までGoogle Homeでは多くのラジオ局が利用できない状況だったようです。iHeartRadioがGoogle HomeにリンクしたことによりiHeartRadioがカバーするラジオ局が聴けるようになり、サービスが一気に改善したようです。一方日本では著作権と著作権隣接権の問題が簡単に処理できる仕組みがシステムとして確立できていない為、インターネットラジオ局もRadiko等の一部のプレイヤーに集約されている状況です。詳細は日経トレンディネットの「日本でネットラジオが育たないワケ」をご参照ください。全くの私見ではありますが、日本でのサービス開始時にはRadikoのみのサポートになるのではと予想しています。 TVとスピーカーをコントロール Google … Continue reading Google Assistantが日本語対応したので、Google Homeがどうなるか予想してみた

技適通ってなくても Google Home を使ってみる Raspberry Pi 編

Google Home の中の人 Google Assistant が SDK としてリリースされて、Alexa のように自分の製品の中に組み込むことができるようになりました。ということは、Alexa の同様Google Homeを持ってなくても「おっけーぐーぐる!」ができるかも。 ということで、Google Assistant SDK のサンプルを Raspberry Pi にインストールしてみました。 Google Developer アカウント Google Assistant API を使うためには Google Developer アカウントが必要です。サインアップはGoogle Developer Consoleから。 Google Assistant API の有効化 プロジェクトページへ行き、新規にプロジェクト作成。 API Manager で Google Assistant API を有効に。一覧に見当たらない場合は、検索でAssistant と入れると出てきます。 Google Assistant API には Quota があるようなので、他の API 同様、有償なんですね。一日500リクエストまでは無償の割当があります。 Credentials の作成 Credentials から新規に … Continue reading 技適通ってなくても Google Home を使ってみる Raspberry Pi 編

Alexa Skill全20カテゴリーから、気になるSkillをピックアップ!(その4)

SPARROWSのQzです。シリーズ最終回は一気にMovies & TV、Utilities、Travel & Transportation、Sports、Social、Smart Home、Productivity、Shopping、Music & Audio、Lifestyle、Health & Fitness、Localのカテゴリーを解説させていただきます。 Movies & TVカテゴリーのスキル 100以上のカスタムスキルがラインアップされていますが、ほとんどがTrivia系のスキルで、あまり人気のものはないようです。Smart Homeのスキルに分類されるかもしれませんが、LogitechのHarmony等のスマートハブを購入して、TVをAlexaでコントロールすることは可能です。しかし最高の動画体験をAlexaでするには、やはりAmazon Fire TV Stick with Alexa Voice Remoteを使うことです。米国に続き2017年4月から英国、ドイツで出荷が開始されましたが、日本でもそのデリバリーが待たれます。動画をみていただければFire TVのリモコンでAlexaが起動して、天気予報、ピザのオーダー等もできるようになっております。ただ一点惜しいのは、EchoからFire TVがコントロールできないところでしょうか。Fire TVのリモコンのボタンを押さないとAlexaが使えないというのはコスト面での制約(dotよりも$10も安い!)なのかもしれませんが、少々残念です。 https://youtu.be/gnhxXYOTEtY Utilitiesカテゴリーのスキル 150弱のスキルがリリースされています。更にサブカテゴリーでアラーム、計算機、カレンダー、デバイストラッキング、単位変換、郵便番号検索等 に分類されています。 Mosaic ☆☆☆ スキルが増えてくると、いろいろなスキルをいちいち起動させるのが面倒になってきます。そこで複数のスキルを一度に呼び出せるワークフローマネージメントのスキルとしてMosaicが開発されました。Mosaiスキルをenableすると先ずMosaicアカウントの作成とリンクを要求されます。MosaicアカウントでFacebook、SMS(USの番号のみ)、Slack、Alexa等とリンクを設定します。次のステップでGoogle Calendarや他のIoT device(Fitbit、Nest、Philips Hue、Tesla等)と接続。また別途自宅、勤務先、通学先の住所(米国のみ)やニュースソース(BBC、CNN、Engadget等から最大3つ)を設定しておきます。 "Ask Mosaic for Good Morning"というコマンドで天気、勤務先までの所要時間、ニュース、今日のアポイントメントを一気に読み上げてくれるので、忙しい朝にぴったりのスキルではないでしょうか。 Where'sMyPhone ☆☆ 自宅で携帯電話の行方がわからなくなり家族に電話をかけてもらったことありますよね?でも家族もいない、有線電話もない場合はどうしましょう?Where'sMyPhoneは自分の携帯に電話をかけてくれるという単純なスキルですが、かなりの人がお世話になっています。最初のセットアップで自分の電話番号を登録するだけで使える簡単さがうけているようです。Twilioのようなサービスをインテグレーションしていると思われます。Where'sMyPhoneは現在北米地域のみのサポートとなっています。 Travel & Transportationカテゴリーのスキル 200弱のスキルがあります。サブカテゴリーで通貨換算、エアチケット検索、ホテル検索、ナビゲーション・旅程、公共交通、タクシー・ライドシェアにわかれています。 KAYAK ☆ Priceline傘下のKAYAKが航空券、ホテルの価格比較のスキルを提供しています。地元の空港を登録しておけば、そこから500ドルの予算でいけるところとか、往復の航空券の価格等を教えてくれます。旅行先でのお勧めホテル、レンタカーの相場等の情報も入手でき、ざっくり旅行のプランニングをするには役に立ちそうです。ただしレビューは厳しくて星一つが44%を占めています。ユーザがもっと詳細な情報が得られると期待しすぎていることもありますが、同じ質問に何度も答えさせられるというようなスキルの作り込みの甘さのせいではないかと思われます。Alexaで予約まで完了させるというのは、複雑なシナリオとそれを破綻なくまわすワークフローが必要となります。仮に実装できたとしてもPCやモバイル上での操作性と比較して、かなり使い勝手が悪い(時間がかかりすぎる)ので、実用に耐えないかもしれません。この種のスキルの目的はある程度目安を提示して、ユーザにPCやモバイルサイトに遷移してもらうことに収斂されると考えます。  Bike Finder ☆ 全米25都市のレンタルバイク事業者とリンクしており、お気に入りの貸し出し拠点を登録すると、その拠点で今利用できるレンタル自転車の台数を答えてくれます。他の機能は実装されておらず、ただ台数だけ答えてくれる仕様となっています。どんな質問をしてもひたすら台数の返答しかしてくれませんが、レビューは結構な高評価です。複雑なコマンドを実装しても、ユーザが覚えきれなかったり、Alexa側が認識できなかったりするパターンに嵌ることが多く、案外シンプルな機能の方が使いやすかったりする例ではないでしょうか。 Sportsカテゴリーのスキル 250程度のスキルがラインアップされています。サブカテゴリーはエクササイズ系、ゲーム、スポーツニュース、スコア管理の4つですが、スポーツニュースのスキルが半分ほどを占めています。 Cowboys Fan ☆☆ アメリカンフットボールのダラスカウボーイズのファン用スキル。Fresh … Continue reading Alexa Skill全20カテゴリーから、気になるSkillをピックアップ!(その4)

技適通ってなくてもAlexaを使ってみる Windows 編

前々回の Raspberry Pi 編、前回のMac OSX編に続いて、Windows 編です。Echo が手に入らなくても、「あれくさー!」と話しかけられる Alexa Voice Service を Windows マシンにインストールしてみました。 事前準備 Amazon開発者ポータルのアカウント Amazon開発者ポータル でアカウントが必要です。AmazonアプリストアにAndroid向けアプリを公開している場合など、すでにアカウント開設済みの場合は、既存のものが使えます。無償で開設できますので、持ってない場合は、サインアップしておきます。 Alexa Voice Service への登録 Amazon開発者ポータルに入って、Alexa Voice Service へ行き、今回インストールする Windows を予め登録しておきます。 右上 "Register Product" から "Device" をクリック Device Type Info セクションで、Device Type ID、Display Name を入力。Device Type ID は半角英数とエンダースコアのみ使えます。 Next をクリックし、Security Profile セクションへ。Security Profile Name と Security Profile Description を入力。 … Continue reading 技適通ってなくてもAlexaを使ってみる Windows 編

技適通ってなくてもAlexaを使ってみる Mac編

前回の Raspberry Pi 編に続いて、Mac 編です。Echo が手に入らなくても、「あれくさー!」と話しかけられる Alexa Voice Serivce を Mac にインストールしてみました。 事前準備 Amazon開発者ポータルのアカウント Amazon開発者ポータル でアカウントが必要です。AmazonアプリストアにAndroid向けアプリを公開している場合など、すでにアカウント開設済みの場合は、既存のものが使えます。無償で開設できますので、持ってない場合は、サインアップしておきます。 MacBook はラズパイと違ってマイクもスピーカーも付いてますから、本体以外には用意しなくていいのが楽です。 Alexa Voice Service への登録 Amazon開発者ポータルに入って、Alexa Voice Service へ行き、今回インストールする Mac を予め登録しておきます。 右上 "Register Product" から "Device" をクリック Device Type Info セクションで、Device Type ID、Display Name を入力。Device Type ID は半角英数とエンダースコアのみ使えます。 Next をクリックし、Security Profile セクションへ。セレクトボックスから"Create a new profile" を選択し、Security Profile Name … Continue reading 技適通ってなくてもAlexaを使ってみる Mac編