技適通ってなくても Google Home を使ってみる Raspberry Pi 編

Google Home の中の人 Google Assistant が SDK としてリリースされて、Alexa のように自分の製品の中に組み込むことができるようになりました。ということは、Alexa の同様Google Homeを持ってなくても「おっけーぐーぐる!」ができるかも。

Alexa Skill全20カテゴリーから、気になるSkillをピックアップ!(その4)

SPARROWSのQzです。シリーズ最終回は一気にMovies & TV、Utilities、Travel & Transportation、Sports、Social、Smart Home、Productivity、Shopping、Music & Audio、Lifestyle、Health & Fitness、Localのカテゴリーを解説させていただきます。

AlexaのSkill関係の用語の整理

Alexaのスキルの作成をし始めると、Invocation Name、Intent、Utterance、Slotなどの初めて見るような新しい用語が出てきます。それらの用語の関係性がわからないとスキルの設計をするのも一苦労だと思うので整理してみます。 スキルで使われる用語の関係性や構造を考えるとき、『どのスキルに』『何を』頼むのか、というような視点で構造を理解するとわかりやすいです。

Alexa Skill全20カテゴリーから、気になるSkillをピックアップ!(その3)

SPARROWSのQzです。今回はNovelty & Humor、Business & Finance、そしてGameのカテゴリーを見ていきましょう。 Novelty & Humorカテゴリーのスキル 760ものスキルがラインアップされています。完全にコンテンツ力に左右されるジャンルでありますが、アメリカンジョーク系のものがたくさんあります。

技適通ってなくてもAlexaを使う方法 Raspberry Pi編

「あれくさー!」と話しかけてみたいけど、 海外のAmazonで販売されているEcho(Echo, Dot, Tap)を個人輸入するのはちょっとアレだし・・・。と思っていたら、Echo の中の人Alexa Voice Service が Echo 以外のデバイスやPCでも動かせるようになったというので、早速Raspberry Piに入れてみました。